2019年12月27日

ベルギー旅7日目(17) ベルギー旅最後の観光 聖血礼拝堂の宝物庫へ(2)

前回の記事の続きで、ブルージュの聖血礼拝堂の宝物庫を見学しています。

IMG_1641.JPG
聖職者の方が儀式の時などに使われると思われるネックレス(ネックレスっていう表現で正しいか若干疑問があるが)と、右側に可愛らしい造りの鍵。

IMG_1642.JPG
これは何かよく分からなかったけど(ついでに相変わらず写真がぼけ気味だけど)、コインに関連する何か。

IMG_1643.JPG
立派な装束の聖職者の方々が沢山描かれた大きなタペストリー! 偉い人が到着した…みたいな場面かなあ? 色遣いも繊細で描写も細かく、非常に手間暇かけて作られたものかと思われます。

IMG_1644.JPG
ステンドグラス。とっても可愛いぴかぴか(新しい)
紋章が、ちょっと変わった感じがする。特に向かって右側の黄緑色っぽい色って、紋章ではあまり見かけない気がする。

IMG_1645.JPG
これは何だろう。ともすればコート掛けか何かと勘違いしかねない(何となく、置いてある場所的にも…笑)。天辺に火を置けそうだし、燭台かな〜と予想。

IMG_1646.JPG
再びのステンドグラス。今度は紋章じゃなくて、聖書の場面を意匠としているようです。
この写真を見て改めて思ったんだけど、こちらの聖血礼拝堂はやはりキリストの血を奉じるだけあって、赤がシンボルカラーなんですね。室内も赤、ステンドグラスにも赤、赤をとにかく多用していて、そしてそれがとても似合っている。

宝物庫はそんなに広くはないものの、展示されている品数は多く、ひとつひとつ見ていたら結構時間が経っていました。
この時点で大体15時くらい。帰りの飛行機は20時50分発。お土産も買い足したいし2時間前にはブリュッセル空港にいたい。ブルージュからブリュッセル中央駅まで大体1時間、ブリュッセル中央駅からブリュッセル空港まで大体30分弱、なので1時間半見ておくとして、どんなに遅くとも17時過ぎにはブルージュ駅を出発したい。
本当はこの後、時間があればベギン会修道院を見学しに行きたかったのですが、ちょっと遠いし、観光の後はホテルに荷物も取りにいかないといけないし、ブルージュ駅までバスに乗る必要もあるし、というわけで時間的な問題からベギン会修道院見学は諦めました。
ただ、今からすぐ空港に向かうのではちょっと早すぎるので、この後は遅い昼食を食べに行きますexclamation
実は地味に今まで昼食を摂っていなかった。これがベルギー旅最後の食事なので(機内食除く)気合も入ります。ベルギーで食べたものはどれもこれもとにかく美味しかったexclamation×2 外れ一切無しexclamation×2
本当に素晴らしい国だ…ご飯が美味しい国は神の国だよ…と常々思い、八百万の神々に感謝を捧げる日々です。ここは一神教の国だけど。

と、余裕をぶっこいてお昼ご飯を食べに行くことにしたわたくしですが、何か一つ忘れていませんでしょうか。

そう、それは鉄道の時刻を調べるという非常に簡単なこと。

いや〜…ブルージュからブリュッセルまでは結構ICが頻発しているみたいだったので、なんかいちいち調べなくても来たやつに乗ればいいかな…って…思ってたんだよね…思って……ふらふら

それはねえ、浅はかな判断ですよ。はあ。せめて行きならいいけど帰りはね。飛行機の時間が決まっているような場合にはね。
とにかく浅はかな判断ですよ。


ブログランキングに参加しています。
もしよかったら応援のクリックをお願いいたします。
   


posted by 綾瀬 at 23:04| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: