2019年09月10日

ベルギー旅7日目(9) 豪華絢爛☆市庁舎見学(2)

前回の記事の続きで、キンキラキンぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)な市庁舎を見学しています。

IMG_1527.JPG
キンキラキンな広間の全体はこんな感じ。こうして見ると、天井が木造で茶色なので、あんまりキンキラキンな印象ではないですね…。まっ、実際行くと写真で見るとでは大違いなので(私が写真撮るのが下手くそ過ぎるだけという説もあるが)、ブルージュに行かれる方は是非実際市庁舎を訪れてみてほしいです☆ ☆付けちゃう。

こちらの豪華絢爛な広間はゴシック広間と呼ばれて、現在も市議会の式典や集会などで使われているそうです。

IMG_1538.JPG
反対方向も。

IMG_1528.JPG
演説台代わりの(?)…何て言うんだろう、ハイ皆様壇上にご注目ください、みたいなスペースがありました。本当にそのためだけのごく狭いスペースですが、こんな所でビシッと演説を決められたらさぞ気持ちよさそうです。私は上がり症だから無理だけど。

IMG_1529.JPG
天井はこんな感じ。リブ・ヴォールト様式です。天井近くまでぎっしり描き込まれた壁画も綺麗です。

IMG_1530.JPG
扉のアップ。扉の上部の立体彫刻と、金色をよく活用した壁画のコラボレーションがとってもゴージャスぴかぴか(新しい)
床の花模様っぽいモザイクもとっても可愛いかわいい 色合いも可愛いね。

IMG_1531.JPG
壁画、というか壁に飾られた絵画? 何のシーンか分からないけど大勢の男女と風にはためく旗が描かれていて、出陣とか凱旋のシーンかなあと想像。

IMG_1533.JPG
扉その2。色合いが可愛いんだな〜などと見ていて思う。グリーン調の茶色に朱色っぽい赤の差し色(クリスマスカラー…?)が落ち着いているけど華やかで、細く入れられた金色も効いている。と思う。

IMG_1534.JPG
窓のアップ。また逆光で真っ暗〜〜〜あせあせ(飛び散る汗) まあ室内から窓を撮るんだから逆光も当然。
でもステンドグラスの美しさはかえって分かりやすいかな。ポジティブシンキング。円を多用した幾何学模様が大変可愛いではありませんかるんるん 特に上部の変型スペード(みたいなの)を3つ円周上に配置したようなところが変わっていてお気に入り。左側の変型スペード(仮称)が最初、月のように見えました。
色合いも、濃い色がなくて淡いのに鮮やかで、とっても綺麗ぴかぴか(新しい)

IMG_1535.JPG
十字軍っぽい武装のおふたり。

IMG_1536.JPG
武人だけでなく、文官(?)や玉座付きの王様っぽい人や、女性陣もいる。実際、何世紀くらいの装束なんだろう? 向かって一番左側の女性の三角帽子はよく童話などで意地悪な王妃とかが被っているエナンという円錐形の帽子ですね。

IMG_1537.JPG
エナンを被っている女性のアップ。
この帽子って詳しいことはよく分からないみたいですが、ゴシック様式の服飾で、14〜15世紀頃に主にフランス以東で流行したようです。特にブルゴーニュ地方ではよく流行り、ってことは当時はフランドル地方はブルゴーニュ公領だったはずで、このベルギーの地でも大流行していたのではないかと思われます。
よく見ると(よく見なくても)人物の左側に文字が書かれています。描かれている方のお名前っぽい。この女性はマリア・ファン・ボー・ゴーンジュ???とお読みすればよいかな??? 分かんないけど…。よくよく見ると(別によくよく見なくても)壁画に描かれている人物全員お名前が書かれているみたいですね。ブルージュの有力者の皆さんの肖像なんですね。

ちょっと話がずれましたけど、エナンを被っているということはやっぱり14〜15世紀くらいの服装の方々なのかな。本当の中世の時代ですね。後世の豪奢なドレスもいいですが、この時代のドレスも綺麗でいいですね。ハイウエストで可愛い黒ハート


ブログランキングに参加しています。
もしよかったら応援のクリックをお願いいたします。
   



posted by 綾瀬 at 22:22| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: