2019年04月06日

ベルギー旅6日目(16) 聖ヨハネ施療院 薬局(2)

IMG_1306.JPG
聖ヨハネ施療院の薬局の見学の続きです。
↑は可愛らしい窓辺を背景に調剤用の天秤が展示されているの図。また斜めってるけど。窓の木枠が可愛いねえ。

IMG_1307.JPG
などと窓辺を見つつ、隣のお部屋へ。こちらは応接室ぽい雰囲気で、薬局に関係のあるお歴々の肖像画がずらりと飾られた、何とも迫力のあるお部屋。

IMG_1309.JPG
更に奥の部屋へ続く戸口。見切れているキャビネットの彫刻も見事です。

IMG_1310.JPG
つくづく家具が素敵なんだなあ〜(*'▽')
椅子の縁に鋲が打ち込んであるの格好いいよね。

IMG_1311.JPG
そして、元暖炉だったスペースに置かれた、薪ストーブ。暖炉といえば浪漫(という人は少なくないと思う!)だし、薪ストーブだって浪漫だ。

IMG_1312.JPG
何故か撮影した薪ストーブのアップ。いや、だって、可愛いじゃん。

IMG_1314.JPG
暖炉の横の小さな戸口。ここは薪の保管庫とかなのかな〜。分からないので勝手に言っていますが。でも、ここに薪を置いておけたら便利でいいよね。

IMG_1316.JPG
薬瓶棚再び。はあやっぱり何度見ても格好いい。

IMG_1319.JPG
薬棚の上に置かれた保管箱もオシャンティだな〜〜〜。お家に欲しい。右側の修道女さんの肖像画は何気に骸骨を手にしていますね。メメント・モリなのかしら。

IMG_1317.JPG
格好いい室内ドアと、壁にかかる時計兼温度計。ドアの、円が連続した装飾はちょっと独特で、デザイナーの創意工夫が窺える気がします。

IMG_1318.JPG
昔の実際の様子を写したパネルなどもありました。1968年。割りと最近です。こんな最近まであの格好いい薬瓶たちが現役だったなんて。文明の利器や最新のテクノロジーは取り入れつつ、ノスタルジックな装飾性は残しておきたい。などと常々思うものの、装飾性は機能性と相容れず、なかなかお洒落なお部屋作りは難しい…などと、自室のインテリアを見て思うのであった。何の話か。

IMG_1321.JPG
薬を作るための碾き臼的な道具かな。

IMG_1322.JPG
こちらも混ぜたり潰したりするための調剤道具かな。
何となくいちいちアップを撮ってしまう。だって何となく気になるんだもん。


ブログランキングに参加しています。
もしよかったら応援のクリックをお願いいたします。
   


posted by 綾瀬 at 16:43| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: