2018年07月11日

ベルギー旅5日目(2) 目的地はフランドル伯の居城

相変わらずのんびりゆったり朝のお散歩を楽しみます。

IMG_0719.JPG
運河沿いの建物たち。静かで趣深く古びていて、どれだけ眺めていても飽きません。
ずっとここでのんびりしてたいなあ…何なら私が大富豪ならこんなふうに気に入った街を渡り歩いて好きなだけ滞在して暮らすのになあ…などと寝ぼけた妄想に取り憑かれてしまいます。
そんな生活は皇妃エリザベートでもなければ許されまい。

IMG_0720.JPG
でもねえ、そんな皇妃でもなければ許されない(というか公務ほっぽり出してる時点で皇妃だって許されてるわけではない、見捨てられてるだけで…哀れ)生活でも夢見るのは自由ですからねえ。
こういう古い街、古い建物に自分が実際に暮らしていたらどんな感じかな〜とほんと、夢は見てしまう。

IMG_0721.JPG
一番右側の建物の窓、可愛いなあ。
水路に面した、水面に近い位置の窓辺に座って編み物でもして暮らしたい(妄想)。
実際、そんな暮らしができる立場だったとしてもきっと私は編み物などせずネトゲとかしてると思いますが…。
せ、せめて優雅なティータイムくらいは! それくらいなら!

IMG_0723.JPG
大きな建物がありました。何と書いてあるか定かでありませんが、青い旗がはためいているところを見ると、何らかの公的な(?)、あるいは準公的な建物のように思います。

IMG_0722.JPG
ドア上の小さな壁龕に鎮座ましますマリア様(のアップ)。1363という文字が。1363年に作られたものでしょうか? だとするとすごい。
こちらの建物が何の建物なのかは実は分からなかったのですが、このドアをくぐる者は皆1363年(仮)からこの場を見つめ続けてきたマリア様の下を通ることになるわけで、一体どれほどの、どういう人物が、どういう目的でこのドアをくぐったのだろうと思うと、スケールの大きな話に気が遠くなるような気さえします。すんごいビッグデータ……。

IMG_0724.JPG
ビッグデータ…IoT…シンギュラリティ…などと職業病チックな言葉を胸に抱きつつ、段々人の多いエリアへ近付いて参りました。
そういえば、ゲントやブルージュの運河ツアーは冬場はお休み、とガイドブックなどに記載されていたのですが、どう見ても営業してる。貸し切りの特別ツアー、って雰囲気もない。
ので、後で船着き場に行ってみようと思います。本当は運河を渡る船に乗ってみたかったんだもん。お休みという噂だったから諦めてたけど、乗れるもんなら是非乗らねば!

後でじゃなくて今でもいいんだけど、そうは言っても今の私には向かうべき場所があったのでした。
実は朝からずっとそこを目指してホテルからてくてくてくてく…時間をかけて歩いてきたわけで。
それがゲント観光の中でも一番か二番目に楽しみにしていた場所なのです。

IMG_0727.JPG
じゃん!

それがこちら、フランドル伯の居城です。

フランドル伯。

中世ものの小説なんかを読んでいるとよく出てくる、ザ・貴族!
何をした人か知らん(すみません)けど、そんなザ・貴族のお城を見学できるなんて行くしかありません。

フランドル伯について以前この記事で触れているので、もしよかったらご覧ください。つっても役立つことは何も書いてないよ。フランドル女伯兼最後のブルゴーニュ女公マリー・ド・ブルゴーニュの人生はドラマティックでロマンティックで面白いと思いますが! そんで彼女の死後の歴史も面白い。

フランドル伯の居城は、中世のザ・城砦! て感じです。お城といっても宮殿っぽさは全然ありません。
これも時代でしょうねえ。私は城砦もマナーハウスも宮殿も大好きですが、こういう城砦みたいなのは稲葉山城くらいしか見学したことがないので、初・洋モノということもあり、勢い、期待も募ります。
この写真だと分かりませんが、周囲はお堀に囲まれております。こういうところも戦闘のためのザ・城砦。

現代ではトラムが往来し、人々がチャリや徒歩でのんびり行き来している界隈ではありますが、昔は防衛のための要所だったわけであります。何故この場所を砦の建設場所として選んだのか、地理的な知識があれば分かるのでしょうがそこまでは分からず…。無念。砦といえば高いところに作るのがセオリーと思っておりますが、ここは平坦な場所なんですよねえ。レイエ川との関係性とか、その辺からこの場所に白羽の矢が立ったのかな? 知らんけど。知らんこと適当にいっぱい書いてるブログなので、詳しい方は教えてください(他力本願マン)。

ちなみに。

IMG_0726.JPG
フランドル伯の居城の門のすぐ左手は、こんな感じの中世風の建物が連なった一画となっておりまして。

IMG_0725.JPG
酒屋さん。何ともいい雰囲気ではないでしょうか、この、整然とディスプレイされたお酒の瓶とグラスたち…! 建物の古びた感じと相俟って、本当に素敵な雰囲気。
お酒が飲めればお店に入ってみたのですが、哀れなほどに下戸な私には残念ながら入店すること能わず…。
でも雰囲気がすごく気に入ったので、ついつい外から見入ってしまったのでした。


にほんブログ村ランキングに参加しています。
もしよかったら応援のポチをお願いいたします。1日1回まで有効です。


posted by 綾瀬 at 21:04| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: