2017年02月07日

ベルギー旅2日目(2) 世界で一番美しい広場 グラン・プラス! そのいち

首からコンデジをぶら下げるという完全な観光客ルックで更に街の中をうろつき回ります。相変わらず地図見てませんがまあ何とかなるでしょう。
そうこうするうちに再びクリスマスマーケットな一画へ辿り着きました。

IMG_0060.JPG
向かって右側は普通の住居や店舗などのアパートメントでしょうか。こんな素敵なアパートで暮らしてみたいものです。でも仮にこんな素敵なお部屋を借りられたところであっという間にとっ散らかるのは目に見えているのですが。部屋片付けようね。
そして向かって左側はやたらと柱が太く、がっしりとして、隅々まで装飾の施された大きな建物です。そちら側に回ってみます。

IMG_0062.JPG
実はこちらは、有名な観光スポットでもある証券取引所でした。堂々たる建物ですねえ。こういう列柱に支えられた巨大な建物って本当に素敵です。
さて、ぐるりと証券取引所の外観を満喫し(でもロダンの彫刻を見逃しています)、再びグラン・プラスを目指してやはり適当に歩き始めます。そうこうするうちに…。

IMG_0063.JPG
おや? 路地の先に、何やら背の高い、繊細なラインの尖塔を持つ建築物が見えてきました。

IMG_0064.JPG
道の途中には王室御用達ショコラティエのレオニダスもありました。わーレオニダス! と思ってこの時写真を撮りましたが、王室御用達ショコラティエはレオニダスに限らずベルギー中のあちこちにあり、そのうち物珍しさも感じなくなるのでした。

さてさて、お洒落で可愛いお店の連なる路地を抜け、その先にはついに!
IMG_0065.JPG
世界一美しい広場、グラン・プラスです! 上の写真はそのグラン・プラスでもしかしたら一番目立っているかもしれない建物、市庁舎です。てっぺんがちょんぎれていてすみません。冬のどんよりとした雲、というか靄に覆われていて、これはこれで雰囲気があって私は好きです。

IMG_0082.JPG
これは市庁舎の正面向かって左側あたりの一画を写した写真です。階段の両端を狛犬的な彫像が守っていて可愛らしいです。

IMG_0083.JPG
一番左側に位置する塔の外壁に飾られていた時計が可愛かったのでアップで撮りました。黒地に金色の数字がシックで素敵です。

IMG_0079.JPG
それはそうと、市庁舎の壁面全体に設置された多分聖人と思われる彫像の皆様方…。集団でびっちりとポジションを固めておられるので、その無言の存在感に圧倒されてしまいます。キリスト教の聖人の皆様の彫像は、例えば日本で見る仏像と比べて、その装束の表現が鋭利で角が目立つような感じ(角々しいとか、そういう批判的な意味ではないです)なので、見ているといつもより目が忙しくなります。

IMG_0080.JPG
天使や位の高い聖職者の彫像も。一体の彫像を作るだけでもすさまじい労力であろうに、これが何百と集められています。どれくらいの人工(にんく)でどれくらいの日数がかかったのでしょうか。

IMG_0084.JPG
市庁舎とその隣の建物の間の小道には観光馬車が待機していました。赤い服の女性は、最初お客さんかと思ったのですが御者さんでした。ベルギーでは女性の御者さんを多く見かけました。ブリュッセルやブルージュでは、馬車がふつーにそのへんをかっぽんかっぽん通行していました。

というわけでようやく第一の目的地、グラン・プラスへ辿り着きました。これからグラン・プラスを満喫します!


にほんブログ村ランキングに参加しています。
もしよかったら応援のポチをお願いいたします。1日1回まで有効です。


posted by 綾瀬 at 20:52| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: