2017年01月15日

ベルギー旅1日目(1) いざ 初!海外ひとり旅へ

2016年12月30日。遂にこの日がやってきました。

初!海外ひとり旅です。

国内ひとり旅でさえ最近始めたばかりという私が遂に海外にまでひとりで行く決心をするとは我ながら感無量です。かなり思い切ったもんです。
NH231 NRT-BRU 11:00発-15:15着
運航会社はANAです。今までANAの国内線に乗る度に運悪くろくでもねー目に遭わされ続けてきたため若干ANAアンチのケがあったのですが何といっても直行便は楽ちん! というわけで今回はANA様のお世話になることに。所要時間は11時間くらいかな(テキトー)。
今回の旅のためにというか今後を見据えてANAマイレージクラブにも入会しました。そんでどーゆー仕組みかよく分からんのですが、出発時間の24時間前に自動的にオンラインチェックインが完了し、登録してあった携帯のメールアドレスまでWEB搭乗券が送付されてきました。これは楽ですねー。
航空会社のシステムっていまいちよく分からなくて、というか会社ごとにスキームが違いすぎて、オンラインチェックインできるできないとか、印刷した紙媒体の提示義務の有無とか、毎回「今回はどうするんだっけ」となるのがめんどくさくてしょーがないです。どこも何事もシンプルにオンラインと携帯端末での処理で完結するようになるといいのですが。

とりあえず出発時間の2時間前くらいに成田空港へ到着。ユーロのキャッシュを用意していなかったため、第一ターミナルのトラベレックスへ向かいました。
ところがカードを使えるか聞いたところJCBのみとのことで、VISAユーザの私はあえなく撤退。日本人ならともかく成田空港に到着した外国人だったらどーするんだ。そういう顧客はターゲットに入ってないってことなのでしょうが何だか不思議な気がいたしました。
いずれにせよクレジットカードが使えないならしょーがない。ATMで現金を下ろしてトラベレックスより換金レートの良い銀行窓口へ向かいます。京葉銀行で両替してもらいました。

キャッシュを入手した後はANAの手荷物カウンターへ向かい、スーツケースと一旦お別れすることに。13キロくらいでした。
朝ご飯を食べていなかったので出国手続きをする前にその辺で何か食べていこうかとも思ったのですが、機内食もすぐ出るだろうし、あまりしっかりしたものを食べる必要もないだろうということでとっととパスポートコントロールへ向かうことに。

そして出国審査を終えた後、私にはやらなければならないことがありました。
クレンジングオイルを買わなければ!!

今使っているクレンジングオイルがもう少しでなくなりそうだったのですね。旅行中もつかもたないか微妙なライン。なので免税店で買うことにして、スーツケースの中には入れていかないことに。ここでクレンジングオイルの入手に失敗すれば化粧が落とせません。いざとなったら現地でいくらでも買えるだろうが何が何でもクレンジングオイルを入手しなければ。
というわけで免税店へGO。無事クレンジングオイル(450ml)その他化粧水だのシートマスクだの眉マスカラだの色々買い込み早速手荷物を重たくします。特に450mlのクレンジングオイルは場所も取るし重いしもっと小さいボトルにしとけよと我ながら思うのですがだって安いじゃん!! どうせ安いなら安さの度合いの大きいデカボトルの方がいいじゃん! 重いのがなんぼのもんじゃい。根性出して持ち歩けばいいんじゃい。

他にもほしいものは色々あるのですが旅行前からそんな物欲を開放しまくってどうするのかってことで我慢です。重たい荷物をゲットした私はとぼとぼと(買い物で疲れた)ゲート前へ向かいました。近くの売店で朝ご飯代わりの軽い何かを入手してゲート前の椅子で食べながら時間をつぶそうと思ったのです。

しかしその私の進路を阻む黒い影がありました。

クレジットカードの勧誘のお兄さんです。

私はこのクレジットカードの勧誘のお兄さんを最初ANAマイレージクラブの勧誘のお兄さんと間違えたため、
お兄さん「(ダイナースゴールドカード)もう入ってますか?」
私「(ANAマイレージクラブ)入ってます」
お兄さん「ありがとうございます! お礼にボールペンを差し上げます」
となってしまい、本当はダイナースゴールドなんて一生入会することもないだろうと思われますが、ボールペンをタダで入手してしまいました。ごめんなさい。
その後誤解は解け、お兄さんの懸命の勧誘が30分以上続いてしまいましたが綾瀬は死ぬまでボールペンを返しませんでした。

勿論ダイナースゴールドカードというセレブカードに入会するわけもなく「主人に訊いてみないと〜怒られちゃう〜」とかいう胸糞の悪くなるようなクソ芝居まで打ってもなお解放されず最終的には「すみませんけど入りません」と言い逃げすることしかできなかったのですが、いずれにせよえらい時間をここで浪費してしまった私はこの後「たらこおにぎり」と「チョコマフィン」という気の狂ったような食い合わせの軽食を入手するものの、そのいずれかさえ食べる間もなく搭乗のアナウンスが始まったのでした。
IMG_0027.JPG
いざ! 出発です。
文字ばっかの読みづらいこのブログに遂に写真が…。

成田空港の滑走路混雑のため定刻を5分くらい過ぎてからの離陸となりました。離陸後ほどなく、全員に小さめのミネラルウォーターのボトルが配られました。わーさすが日系レガシーキャリア! 思えば今まで何度か海外にツアーや個人手配で行ったことがないわけではないのですが、日系レガシーで国際線に乗るのは初めてだったかもしれません。

ところで私は飛行機に弱いです。前年に香港に行ったときは4、5時間くらいのことだったので大丈夫でしたが、その更に前年イタリアに行ったときはひどい目に遭いました。早々に頭が痛くなり吐き気がし、もーどうにもならなくなり飛行機後部の物置スペース的な場所にブランケットを敷いてもらって横になっていました。
友人や客室乗務員の方々に迷惑をかけてしまいました。ちなみに上記は往路での出来事でしたが、復路も同じでしたとゆーか復路は風邪まで引いておりもっとアカンでした。

とても脆弱な人間です。ペンライトを30分も振れば指に大きな水膨れができ、紙の端がちょっと触れればそれだけで皮膚が切れて結構な出血に至り、寝て起きたら顔に謎のアザができていることもしばしばです。

今回はひとり旅! そんなに体調を崩すわけにはいきません。いや勿論友人と一緒でも体調を崩して迷惑をかけていいというわけではないですが。
とにかく頼れる人がいない分機内で体調を崩さないよう、色々グッズを取り揃えておりました。機内用のネックピロー、フットレスト、ふかふかスリッパ、etc。
機内エンタメでは事前にプログラムをチェックし、「君の名は」「超高速!参勤交代」「超高速!参勤交代リターンズ」を見るのを楽しみにしていました。
というわけで離陸直後から早速「超高速!参勤交代」を真剣に見始めます。
そうこうするうちに機内食が配られ始めました。
IMG_0028.JPG
私はちらし寿司を選びました。「超高速!参勤交代」を見ながら食べます。美味しいごはんでしたよ。

その後も「超高速!参勤交代」を見続けます。頑張れ殿ー! 頑張れ相馬ー! 
でも物語が佳境になるに従い、私は不穏の芽を感じ始めていました。
そう…頭が痛い

2年前のイタリア旅行が頭を過ぎります。あの時は相当おひどい状態でした。頭痛いし気持ち悪いしでもどーにもならないし、もしかしたらこのまま死ぬんじゃないか、みたいな…。

多分、気圧の変化に弱いのだと思います。病院で診断を受けたわけではないのですが、台風などで気圧が下がる時もよくこうして頭が痛くなります。
「超高速!参勤交代」を見終わり、続いて「超高速!参勤交代リターンズ」に入ってからも不穏の影は消えやらず、その存在を増していくばかり…。
なので頭痛薬を飲んで寝てしまうことにしました。元々乗り物に乗ると自動的に寝るように体ができているので、「超高速!参勤交代リターンズ」を最後まで見ていないことが無念ではありますが、続きは起きてから見ればよいということで、レッツ入眠。普段寝つきが悪いくせにこういう時はスムーズに眠れます。
こうして私は機内での時間の前半を過ごしたのでした。
posted by 綾瀬 at 20:15| Comment(0) | 16年12月ベルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: