2019年06月21日

ベルギー旅6日目(20) 聖サルバトール大聖堂を見学 後編&宵闇のブルージュ

IMG_1366.JPG
引き続き聖サルバトール大聖堂を見学しています。上は何となく撮ったシャンデリアの写真。

IMG_1368.JPG
一部の天井にはびっしりと浮彫の装飾がありまして。

IMG_1367.JPG
太陽の子。みたいなのがいましたのでアップで撮りました。キリスト教のことを全然知らないのですごく変なことを言っているかもしれませんが、こういうモチーフってキリスト教っていうよりギリシャ神話って感じがする。いや何となくなんだけど。

IMG_1369.JPG
写真のように、聖堂内の建築構造を説明するパネルも展示されていたりして。

聖サルバトール大聖堂は、各国語(オランダ語、フランス語、ドイツ語、英語、だったかな)でのウェルカムボードなんかもあったりして、観光客ウェルカムな感じの大聖堂でした。非キリスト教徒の観光客としては見学しやすくありがたいぴかぴか(新しい)

IMG_1370.JPG
ぼちぼち日暮れて参りましたので、聖サルバトール大聖堂を後にしてマルクトの方へ戻ることにいたします。こちらは大聖堂の外壁にあったキリストの磔刑像。破風の下の部分(って言えばいいのか?)には十字架も刻まれています。

IMG_1371.JPG
こちらは街角で見かけた残念看板。惜しい! 各国語で「チョコレート」と書いた看板を沢山掲げているフレンドリーな土産物屋さんでした。

IMG_1372.JPG
またまたレースやゴブラン織りのお店を外から眺めてみたり〜。レースもゴブラン織も本当に可愛いなあ(*'▽')
しかしインテリアの中に取り入れるのはそこそこトータルコーディネイトとかも必要になりそうで、要するにセンスが重要。私の家はまず家具を揃えるところからだな〜。引っ越して1年以上たつのに全然家具揃ってないし…ぶつぶつ。
トータルコーディネイトは無理でも(センス的な問題で)やっぱりゴブラン織りのバッグくらいは買っておけばよかったな。今写真見ても思う。欲しいもん。まあ次に行った時に買えばいいか! と、やり残したことは全て次回の課題としておきます。

IMG_1373.JPG

IMG_1374.JPG
ブルージュの街も大分夜が進んでまいりました。同じ場所から立て続けに撮った写真だけど結構空の色が違う。でもどちらも綺麗な色に撮れたなーと思います。群青色の夜。ロマンチックな色の夜だなあって思ったんですよね。建物の黄色いライトアップもよく似合っていて、つくづくお伽の国のように綺麗な街でした。

IMG_1375.JPG
世界遺産でもある時計塔。しかし、高いところが怖い私は昇らなかったんだなあ。ゲントの街で昇ったからもう時計塔は十分…という気持ちだったんですよね。でも、今考えるとアホだな。折角行ったんだから昇っておけばよかったものを。でも高いところ怖いんだなあ。はあ。
地上から見る時計塔も素敵だからいいんだけどね!


ブログランキングに参加しています。
もしよかったら応援のクリックをお願いいたします。
   


posted by 綾瀬 at 23:12| Comment(0) | 16年12月ベルギー